稲枝駅橋上化・東西自由通路完成

12月11日。稲枝駅に降り立ちました。午前10時30分から記念式典が挙行され、それに出席するためです。

 

 

20161211002

 

 

これが、東口の外観で、次の写真が西口です。

 

 

20161211003

 

 

今日は、西口への通路は通行止めになっていました。

 

 

20161211006

 

 

切符売り場には「みどりの券売機プラス」という機械が入っていました。

 

 

20161211005

 

 

操作が分からないときには、テレビ電話で問い合わせることができるようです。

 

式典は1時間ほどで終了し、最後にクス玉が割られて、閉会いたしました。

 

 

20161211007

 

 

20161211001

 

 

1年前に議会で石炭殻の問題が浮上しまして、現場を確認に来たことを思い出しながら、家路につきました。

 

 

 

 

 

 

 


お浜御殿庭園の公開

11月23日。松原町にある名勝旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園の公開に行ってきました。

 

お浜御殿はその名のとおり、松原の琵琶湖湖岸にある井伊家の下屋敷でした。入浜式の庭園であり、琵琶湖の水が庭に引き入れられています。

 

 

20161123002

 

 

その庭園の魅力は紅葉の季節に最高潮になります。

 

 

20161123001

 

 

今では埋め立てられていますが、船着場があり、勇壮であったと言われる松原の水主(かこ)が近在に住まいし、一旦緩急あれば大津まで快速で船を漕いだとされています。

 

 

20161123003

 

 

20161123004

 

 

園内で、女性の見学者の方にシャッターを切ってもらいました。

 

 

20161123006

 

 

その方は、同じ学区にお住まいで、市政のことにも興味を持って下さっていました。このような市民が増えることで、市政の発展があるのだと思います。

 

 

20161123004

 

 

このような旧下屋敷が現在もほぼ原型を留めて残っている彦根市は、やはり江戸時代に国替えがなかったからだと言えます。

 

 

20161123007

 

 

20161123008

 

 

是非とも市民の宝であるこの庭園を一度訪れていただきたいものです。

 

※彦根市松原町515番地(隣に駐車場が完備しています)

 市指定名勝 平成13年2月1日

 国指定名勝 平成14年3月19日

 年2回(春・秋)に公開

http://www.city.hikone.shiga.jp/0000009321.html

 

なお、昭和24年に南側の水路が、マラリア対策のため埋め立てられています。

 


福祉病院教育常任委員会の協議会

1118日、午前中は福祉病院教育常任委員会が開催されました。

 

1026日に秋田県大仙市に行政視察に行った結果報告と、今後彦根市の学力向上のにどう反映していくかについて議論致しました。学んだ事を彦根市にどう活かしていくか、教育委員会も参加して頂き、子どもの貧困問題なども含めて話し合っていきます。

 

 

 

20161118009

 

 

20161118005

 

 

20161118008

 

 

市役所を出た後、彦根城の紅葉を見たいと散策しました。彦根城は四季折々その美しさで、私を魅了します。

 

20161118002

 

 

20161118001

 

 

楽々園の前あたりで、白鳥が身繕いをしていました。あれっどうして道路にいるのかな。

 

 

20161118003

 

 

観光客が可愛いと言って写真を撮っていました。

 

 

20161118004

 

 

私も思わずスマホで撮りましたが、お堀じゃなくて道路にいていいの?と不思議な感覚。

 

無事、お堀に帰ったかな。


錦秋の玄宮園ライトアップ

11月11日に、本庁舎耐震化整備検討特別委員会と21日開催の11月臨時議会の議案説明会が開かれ、12日は終日、臨時議会の質疑を考えていました。

 

特別委員会では、耐震化工事の工程表が示され、平成29年8月から平成31年5月まで、彦根駅西口のアルプラザ3階と4階を賃借し、そちらで業務が行われることになります。

 

 

20160323004

 

 

20160323005

 

 

特別委員会では、私を含めて数人の発言しかなく、あれだけ白熱した議論がされた1年前とは異なります。人間、時間が経てば熱意が冷めやすいものですが、市民の税金を使わせてもらって建てる庁舎であるということを考えたとき、工事の最終的な方針を決めるところまで近づいてきたわけですから、しっかりとした議論をしなければならないと思います。

 

さて、風もない夜ですので、11月27日までの玄宮園ライトアップに行ってきました。

 

 

20161112001

 

 

20161112101

 

 

桜場駐車場に駐まっている車は、「尾張小牧」「松本」「三重」「和泉」など、他府県ナンバーもあり、このイベントにお越しいただいているのだと実感しました。

 

しかし、駐車場が一杯ではなかったのが残念です。私個人としては「この世のものとは思えないほど美しい光景」を、市内外、あるいは海外の方々にもご覧いただきたいと思うのですが、何とか知恵を絞りたいと思います。

 

 

20161112003

 

 

20161112102

 

 

水面に映える紅葉した木々。

 

 

20161112103

 

 

20161112004

 

 

頭上に光る天守閣。

 

彦根に暮らしていて本当によかったと実感するひとときです。

 

 

20161112006

 

 

この他にも、佐和口多聞櫓も丸に橘の家紋がライティングされ、いつもと違う彦根城の印象です。

 

 

20161112007

 

 

http://www.hikoneshi.com/jp/event/articles/c/kinshu

 

是非とも、玄宮園のライトアップにお越し下さい。

 

 

 

 

 

 

 


お城まつり

11月3日は恒例のお城まつりです。今年は例年と違って、リオ五輪で銀メダルを獲得した桐生祥秀選手がパレードに参加したことです。

 

 

20161103102

 

 

私は昨年とは違い、市女笠での参加です。

 

午後1時に城東小学校を出発し、市役所前から彦根東高校で休憩をし、キャッスルロードから銀座街を経由して城東小学校に戻る、約1時間半のコースです。

 

桐生選手は市役所前からピンクのオープンカーにひこにゃんと並んで隊列の先頭で参加でした。私は隊列の中程でしたので、桐生選手を見ることはできませんでした。

 

 

20161103101

 

 

護国神社前からいろは松にかけては、例年以上の人出で、郷土の銀メダリストに、ひときわ大きな声援が送られていました。

 

 

20161103002

 

 

20161103003

 

 

天気は不安定でしたが、なんとかもってくれました。

 

いよいよ寒さが厳しくなる季節です。皆さま、健康にご留意下さい。

 

 


流鏑馬

市民会館からの帰り道、旧近江高校跡地で午後に開催される流鏑馬会場を見学しました。

 

 

20161023101

 

 

午後からは予定が入っていましたので、会場の雰囲気だけでも、と足を伸ばしました。

 

 

20161023102

 

 

20161023103

 

 

彦根という城下町に、弓道や剣道などの武術はとても似合います。しかも、城内で流鏑馬を行うわけですから、これ以上の場所はありません。

 

「城のある町」とは、ただ単に「城郭がある」「天守閣がある」というものではありません。そこに「文化」としての武術があることを意味します。

 

その「文化」というものを大切にすることこそが、「城下町・彦根」市民が守り育てていくべきものではないでしょうか。

 

 


山野草の会と菊花展

10月23日午前。市民会館で開催されている「山野草の会」の展示会と、護国神社で始まった「菊花展」を鑑賞しました。

 

野山に咲く山野草を愛でる日本人の美に対する意識と、秋の花・菊花を見てきました。

 

 

20161023001

 

 

20161023002

 

 

20161023003

 

 

20161023004

 

 

盆栽に代表される、大きな世界を小さな空間に再現する美意識は、日本人特有の感性の表れだと思います。

 

市民会館の隣にある滋賀県護国神社では、これからが盛りの菊花展が始まったところです。

 

 

20161023005

 

 

20161023006

 

 

20161023007

 

 

20161023008

 

 

四季のある日本に生まれたことを有り難く感じたひとときでした。

 

 

 


商工会議所女性会研修旅行

10月17日。前日の好天から一転して、雨模様の中、商工会議所女性会の研修旅行に参加しました。当初は5日の予定でしたが台風接近で延期されたものです。

 

湖南三山と、永源寺でのこんにゃく作り体験です。

 

バスでの出発から少しすると、雨も止み、絶好の旅行日和になりました。

 

 

20161017001

 

 

長寿寺では奥様から法話を聞きました。身近な毎日の暮らしの中から心にしみるお話しを聞かせていただきました。紅葉の時期なら、更に美しいだろうと想像し、再度参詣しようと思いました。

 

 

20161017002

 

 

20161017003

 

 

石部で昼食をすませて、永源寺へ移動。いよいよこんにゃく作り体験です。

 

みんなで一生懸命に練っていましたので、こんにゃく作りの写真がないのが残念です。普段何気なく食べていたこんにゃくが愛しいものに感じられました。

 

帰りの車中で、少し時間を頂戴できましたので、市役所の耐震化工事や新市民体育センターのことなど、現在の市政の課題について話させていただきました。皆さん、熱心に耳を傾けていただき、本当に有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


七曲がりフェスタ

10月8日夕方から始まりました「七曲がりフェスタ」を見て歩きました。

 

仏壇街を歩いて、いろいろな方々から要望や市政に対するご批判もいただきました。

 

 

20161009001

 

 

20161009008

 

 

これは、旧秋口邸で行われました「引き札展」です。

 

 

20161009002

 

 

登録有形文化財に指定されていますこの建物で行われました。

 

 

20161009202

 

 

仏壇というのは七職といわれる分業体制の業界で、その中から元市議会議長もされたOさんが木地の工程を見せて下さいました。

 

 

20161009004

 

 

20161009005

 

 

他にも、金具の細工や組み立てなど、伝統的工芸品である彦根仏壇をしっかりと勉強することができました。

 

 

20161009007

 

 

20161009102

 

 

20161009006

 

 

彦根の地場産業の今後を考えたとき、議員としてお手伝いをしなければいけないと強く心に響くものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 


鳥居本宿場まつり

10月2日。市民運動会を中抜けさせていただいて、小学校横の近江鉄道ひこね芹川駅から電車でふた駅の鳥居本へ。途中、彦根駅で少しの待ち時間がありましたが、佐和山トンネルを抜けて、25分で鳥居本駅へ。

 

 

20161002105

 

 

スミス会議が近代化遺産に認定している駅舎も赤い布で飾られていました。

 

宿場まつりのお目当ては、このまつりで販売される「仏生寺みそ」。午前10時の販売開始のため、販売場所の列の最前列に並びました。http://toriimototdp.blog.fc2.com/

 

 

20161002101

 

 

この「仏生寺みそ」は、いわゆる「おかず味噌」で、キュウリにつけたり、田楽につけたりして、食欲をそそってくれます。しかし、生産量が少ないため、貴重品です。別の販売箇所では販売開始から10分もせずに売り切れたそうです。

 

鳥居本は旧中山道の街道町で、古い町屋が現在も残っていて、趣のある町並みです。

 

 

20161002102

 

 

町内のお年寄りがお世話になっています介護事業所の建物では、お琴の伴奏での物語り(荒城の月)が行われていました。

 

 

20161002204

 

 

町歩きの間、何人もの方々と出会うことができました。また、赤玉の名で有名な健胃薬(新教丸)を買ったり、新米を買ったりと、楽しいひとときを過ごしました。

 

市民運動会に戻る前には、鳥居本小学校の児童がよさこいソーランの演舞を披露していました。

 

 

20161002203

 

 

両手に抱えきれないほどのお土産を手に、市民運動会へと戻りました。宿場まつりのスタッフの皆さん、ご苦労様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM