「安心の救急カード」メンテナンス事業

本日、千鳥ヶ丘自治会では、昨年9月に配布しました「安心の救急カード」のメンテナンス事業が実施されました。

安心の救急カード容器

各家庭に配布したカードの記載内容や保険証・診察券・お薬手帳などに変更があった方について、新しい用紙を配ったり、保険証などをコピーするものです。

常に新しい情報に更新しておくことで、救急の場合に対処できるように行われたものです。

特に、後期高齢者健康保険証に変わった人や高齢者保険受給者証など、年齢が進むにつれて更新しなければならないものが毎年出てきます。

7月には後期高齢者健康保険証が更新されます。ちょうど、地蔵盆の時期に近いこともありますので、改めて8月にもメンテナンス事業を行うようです。

ご多分に漏れずこの自治会も高齢化が進んでいます。万一の事態に備えて、是非とも多くの地域で広まることを願ってやみません。


安心の救急カード表面
安心の救急カード裏面

この取り組みは、何人かの方からお問い合わせをいただき、情報提供をさせていただきました。

地域の人々を静かに冷蔵庫で見守る「安心の救急カード」が広まることを願ってやみません。

幸いにして、千鳥ヶ丘自治会では昨年9月の配布以来、地域の方が救急車で運ばれたケースはありませんでしたが、このカードが必要なく暮らしていけますように。


2010 初夏のうたう会

本日、6月5日午後1月30分から、彦根市男女共同参画センター・ウィズで女性がいきいき暮らすための生活文化を考える会の「2010初夏のうたう会」がありました。

いつものように元気な阿部美智子さんと、「Re:」のお二人と、また出会うことができました。


いきいき初夏1

今日のトピックスは、彦根に移ってきて初めて参加したけれど、知り合いができて嬉しかったという方のお話しでした。

初めて暮らす町には、知り合いもなく、町自体も分からないことばかりでしょうが、彦根の町に馴染んでいってくださいね。


いきいき初夏2


今日は、中沢県議もお母さんと一緒に参加され、微笑ましい母娘の歌声を聞くことができました。


いきいき初夏


いきいき初夏4


私も、阿部さんと一緒に歌う時間がとても楽しく、6月定例会の質問(ここ2週間、文章を書いては消し、の毎日です)を書いている中でも、行くことにしていました。6月定例会では、テーマを一つに絞って質問をさせていただきますが、時間が足りなくなるかもしれない程、一杯聞きたいことが山積みです。

そんな中、ひとときの清涼剤としてのこの会。今後も多くの参加者が増え続けますように。


いきいき初夏5


ところで、阿部さん「脳リハビリ 3A方式」による「にこにこサロン」を開設されています。場所は、彦根市河原2−1−3「久左のまちや」で、毎月2回(第2、第4金曜日)午前10時から午後2時までです。
健やかに高齢期を過ごしたいと願っている方、みんなと安心して楽しく過ごしたいと願っている方、この頃物覚えが悪くなったとイョット不安感じておられる方のために、開かれています。

お問い合わせはNPO法人アンダンテ参画21(Tel&Fax 0749-23-0007)まで。

 

彦根市グラウンドゴルフ大会

5月25日、パラの花が咲き乱れる庄堺公園で、彦根市グラウンドゴルフ大会が開催されました。


パラのアーチ


地元、千鳥ヶ丘からも6名が参加されましたので、見学に伺いました。


開会式


お元気な皆さんが整列されて、開会式。総勢400名の参加でしたが、日本の元気を作り続けてこられた先輩たちの勇姿です。


市立病院を望む


すぐ横の彦根市立病院を望みながら準備体操。


準備体操


庄堺公園は薔薇でも有名ですが、季節は新緑の候、そのもの。


庄堺公園


元気なお年寄りが大勢おられる千鳥ヶ丘の百朗会会長西村さんのプレイです。


西村会長のプレイ


園内の薔薇の美しさに見とれていました。


黄色い薔薇


色とりどりの薔薇


ピンクの薔薇


黄色い薔薇の集団


赤い薔薇


白い薔薇


目をふたたびグラウンドに移すと、溌剌とした皆さんに応援の声を上げないわけには参りません。


プレイ


実行委員会の皆さんは大童。どの大会でも、組織でもそうですが、裏方の皆さんのご苦労はいかばかりかと。


実行委員会


ご夫婦で参加された千鳥ヶ丘の大堀さんご夫妻。いつまでも仲よく、元気で大会に参加して下さいね。


大堀夫妻


赤い薔薇の前で、写真を撮っていただきました。


薔薇の花の前で


元気な皆さんに力を分けていただきました。

これからもお健やかに。


金亀会懇親会

5月23日は、よさこいソーラン日本海 彦根三十五万石大会が開催されました。悪天候の中、演舞をされた皆さんは大変だったと思います。演舞者をはじめとして、スタッフの皆さま、ご苦労さまでした。

さて、夕刻17時からの彦根東高等学校OB会である「金亀会」の懇親会に参加いたしました。

参加者約80名だったこの懇親会に先立って、本当は総会と講演会が実施されていました。


金亀会乾杯


特に母校を使っての講演会には、毎年OBの中から講師をお招きして、その人の生き様を話していただく機会として、本当は生徒諸君にも聞かせたい話題が一杯です。

今年は愛荘町の金剛輪寺のご住職の話で、「一隅を照らす−忘己利他−」と題して行われました。

さて、懇親会に出席したところ、彦根市立病院の元院長先生(小菅一彦様)にお目にかかりました。市立病院をより良くすることが議員としての重要な仕事であると考えている私としては、院長を経験され、今でも現役の診療所医師として活躍されている先輩とお話しをする機会は、市立病院について考える上で重要なことだと考えます。身近にこのような先輩がおられることは大変に心強く感じております。

幸いにして同じテーブルにつくことができ、現在の市立病院における課題やその解決策のヒントをいただこうと、長い時間お話しをさせていただきました。十分に食事を摂っていただくこともできず、申し訳なかったのですが、私の考えを纏める意味でも、また知らなかったことを知る機会を得られたことに感謝しております。


金亀会懇親会小菅医師


懇親会は、和やかに進行いたしましたが、ここでも夫が司会進行にあたり、そろそろ若い人にバトンタッチをしてもらわなければ、と思っております。


小菅元院長と田附先輩



約2時間の宴の最後には、例年どおりに校歌斉唱がありました。

まだまだ元気でご参加の滋賀県立第一中学校当時の校歌、脈々と受け継がれている「応援歌」、そして最後には滋賀県立彦根東高等学校の校歌を斉唱してお開きとなりました。


校歌斉唱


校歌斉唱の折には、元音楽部で鍛えた喉を披露される先輩諸兄姉とともに、私もステージにあがってご一緒させていただきました。

今年参加された皆さんと、また来年もご一緒できますように。





市長への面会

5月17日、市長室へ市立病院問題についてお話しをするために参りました。

先日の「彦根市立病院ふれあいまつり」を見られての感想を直接聞くことも必要であり、なおかつ病院の課題について率直に意見を交わすことができました。


市長室


議会で対決するだけが議員の仕事ではなく、様々な当事者からの多方面の意見を聞いて、何が最も妥当であるのかを判断する必要があると常日頃から考えておりますが、今回、「彦根市立病院ふれあいまつり」という恰好のイベント直後ということもあって、終始和やかに意見を交わすことができました。

 


search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM