世界遺産(続き)

世界遺産に登録された「富岡製糸場」。登録された2015年には133万人の見学者があったとのことでした。しかし、翌年から見学者は減少し、今年は今のところ60万人程度と一向に上向きにはならないようです。

 

そのこともあって、施設の改修をする為の資金(10年間で100億円)の調達に富岡市では悩んでいるそうです。そして、西置繭所の2階をホテルに改造する計画を進めようとしたところ、ユネスコから「待った」がかかったとのことです。つまり、世界遺産の登録抹消の可能性です。

 

そして、話はウイーンへと飛びます。ウイーン(歴史地区)は古い町並みのある地域全体が世界遺産に登録されています。しかし、市当局では「住みやすい町」を目指して、この地域での建築制限を撤廃する条例を議会が議決したそうです。つまり、「世界遺産登録抹消」をも考えているということです。

 

「ウイーンはウイーンであって、『世界遺産』のウイーン」ではなくても観光客は来るし、多分、高層のビルが建てられることになり、世界遺産から外れることになるでしょう。そこには、世界遺産の「保護」と「活用」のバランスの問題があるのです。ウイーン市の都市計画担当者の「登録抹消されてもよい。ウイーンは世界で最も美しい街の一つであり、ウイーンは博物館ではない。人々が働いたり暮らしたりしている今も生きた街。開発と保護のバランスを考える必要がある」というのが印象的でした。

 

最後は、世界遺産登録抹消で有名なドレスデンが紹介されました。言うまでもなく、ドレスデンはエルベ渓谷の風景が世界遺産に該当するとのことで、2004年に登録されました。しかし、市内の交通渋滞緩和のために、エルベ川に橋を架けることを市民は選択し、実際、架橋をしたのです。

 

その架橋によって、「普遍的な景観」が壊されたとして、ユネスコは世界遺産の登録を抹消しました。市民は「世界遺産」よりも「普段の生活の利便」を選択したのです。

 

さて、ここまで書いたことは「世界遺産登録」と「市民生活」の二者択一であるかの如き「世界遺産」のあり方について考えるのか、「世界遺産」は結果であって、ユネスコが単に普遍的価値を認定しただけのシステムと捉えるのかの違いです。

 

いや、それよりも前に、市民が「世界遺産」というものをどれだけ認識しているのかをしっかりと押さえておく必要があるのではないでしょうか。彦根城が世界遺産に暫定登録されて25年。既に四半世紀が経過したのです。市民が彦根城に誇りを感じ、市民の誰に聞いても彦根城のこと、城下町のこと、そして最も激動した幕末の彦根、幕末の彦根の庶民のことを語ることができてこその「世界遺産」ではないでしょうか。

 

ただ単に、「世界遺産」であるというレーベルが欲しいだけの運動であっては、非常に薄っぺらいものでしかないでしょう。

 

いみじくもインタビューを受けたドレスデン市民の「大切なのはこの街に住む人の生活。古さと新しさが共存するこの街を私は愛している」という考え方は、自分たちの「街への誇り」を言い換えたものだと思います。

 

そういう彦根市民が増え、そいうい誇りづくりこそが「世界遺産」への第一歩ではないでしょうか。

 

 

20171004001

 

 

 

 


世界遺産

10月4日のNHKおはよう日本7時台で、「世界遺産」について特集していました。詳細は録画をしましたので、今夜、じっくりと書いてみたいと思いますが、取り敢えず、要約してみます。

 

舞台は富岡製糸場(群馬県富岡市)、ウイーン(オーストリア)、そしてドレスデン(ドイツ)です。

 

私は、今年6月定例会で「彦根城下町遺跡は誰のための施策か」を取り上げました。その中で、「彦根城下町遺跡の認定」が市民の暮らしにどのような影響を及ぼす可能性があるのかについて質問いたしました。

 

富岡では登録当初は一気に観光客が増加しましたが、翌年からは一気に下降。整備費に関する財源問題と、観光客誘客のための世界遺産活用が取り上げられ、施設を活用したホテル計画がユネスコの世界遺産の指針に触れる可能性のあることが報告されました。

 

そして、それと同じように、ウイーンでも地区内に高層マンション計画が行われていて、すでに建築規制変更の条例が可決済で、方向性としては登録抹消も視界に入っているように思いました。

 

最後に、ドレスデンです。エルベ渓谷に橋が架けられ、そのことによって登録抹消された事実が報じられました。架橋によって市民生活が便利になることを、世界遺産の維持よりも優先したとのことでした。

 

今日から3日間は決算委員会です。今日の審議の後、世界遺産について考えたいと思います。


臨時国会

「丁寧な説明」はどこへ行ったのでしょうか?

 

国民への説明なく、所信表明演説もなしの臨時国会冒頭解散は許されることなのでしょうか。

 

ましてや、野党からは臨時国会の召集を求められているにもかかわらず、です。

 

どうも、最近の政治家は「説明」をしたがらない雰囲気です。李下に冠を正さずの諺は過去のことになったようです。

 

これが地方自治体にまで波及しているのではないかと感じる、今期定例会です。


桐生選手 日本新記録 おめでとう!!

9月9日。陸上男子100mで日本新記録が生まれました。タイムは9秒98。

 

彦根市出身の桐生祥秀選手です。高校は京都(洛南高校)へ進学し、大学は東洋大学と、「彦根」が表に出てこなくなってしまいましたが、紛れもなく彦根市出身です。

 

 

20170909201

 

 

先日の世界陸上100×4リレーでの銀メダルに続く快挙です。

 

本当におめでとう。

 

 


秋の近江路へ

いよいよ秋の行楽シーズンが近づいてきました。

 

まだ行き先をお決めになっていない方々に、耳寄りなご案内を。

 

 

20170909001

 

 

2017090900420170909003

 

 

20170909002

 

 

先ずは、鳥居本の宿場まつりです。これは10月1日(日)に開催されます。詳しくはhttp://toriimototdp.blog.fc2.com/

まで。今後、詳しいことが掲載されていくものと思います。

 

 

次は、9月30日(土)から11月30日(木)までの多賀町でのイベントです。「近江多賀 神あかり」です。詳しくは多賀町観光協会まで。http://www.taga-kankou.com/

 

 

20170909101

 

 

20170909102

 

 

是非とも、近場の観光で、地域の見直しをして下さい。

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM