市民の多くの疑問

多くの市民の方々から、今の市政についての疑問が到着しています。

 

庁舎の問題、予算執行の問題など、このブログのほか、各議員(会派)の市政報告などをご覧になって、心を痛めておられることが伝わってきます。

 

13日の議案説明会で、どのような当初予算案が提案されるのか、そのことが市民の皆さんには気になるところでしょう。

 

中期財政計画では、10〜20億円の事業削減が謳われていましたが、果たしてどのような事業予算が削減されることになるのかです。

 

もとより、このような事態に陥った原因は、大久保市長のハコモノ重視の姿勢であったわけで、「福祉日本一」という方針は「ハード」ではなく、「ソフト」への方針転換だったはずですが、そのことについては全く答えることなく、庁舎耐震化工事、新市民体育センター、新ごみ処理施設をはじめ、幾つものハコモノへの投資が窮屈な予算編成をもたらし、更にその結果としてこれからの維持費・市債償還などによって自由度のない予算組みを余儀なくされているという認識が全くありません。「将来にわたって市民が享受する」からという理由をハコモノ建設にあたっての必要性の理由にしていますが、それだけに留まらない維持費などの固定費支出がついてくるという認識がありません。

 

たとえば庁舎の問題です。大久保市長は7年前の当選後、財政が厳しいからと獅山前市長の予算規模(約35億円)では問題だからと、17億円余りの規模で耐震工事を行う(増築面積はほとんどなし)ことを主張(議会での議論も、庁内での打合せもほとんどなく)していました。しかし、「裏合意」を発端にして、最終的には諸々の経費を含めると68億円にもなっているのです。獅山前市長の予算の2倍にもなってしまったのです。

 

また、新市民体育センターも同様に20億円以上の増額ですし、従来の市民体育センター(松原町)が耐震工事を終えたばかりであるのに、これを取り壊すという有様です。新ごみ処理施設も当初は100億円規模の事業(1市4町全体での費用総額)だと説明していたものが、今では200億円規模だというのです。

 

この間、議会では陸上競技場の配置場所について「滋賀県からの要望」なのか、「彦根市からの要望」なのかの説明で、「県からの要望の資料はない」と断言したり、庁舎耐震化工事の裏合意問題においても、耐震化工事費が10分の1程度で収まるという答弁をするなど、とても納得ができない説明ばかりを繰り広げています。

 

市民の受け止め方と、議会での結論における意識の乖離こそが問題であるのでしょうが、私たち議員はもっと市民の側に立って採決行動に移らなければならないと思います。

 

昨年の当初予算案の否決という異常事態を経験したとはいえ、市長が決裁した中期財政計画策定の認識、計画実現性への強い意志を予算案に反映させるべきであると強く主張していきたいと思います。

 

 


杵築市(大分県)の財政再建

大分県杵築市は、財政調整基金が近く枯渇するとして、令和2年度から財政再建に取り組もうとされています。

 

杵築市は平成の大合併で周辺と合併し、合併特例債によって事業を拡大し、その返済のために財政調整基金を取り崩すなどして、補ってきていたわけですが、事業再編などを行わずにはいられなくなったということです。https://www.city.kitsuki.lg.jp/important/6006.html

 

しかし、杵築市では、市民を対象として、説明会を開催されています。

 

政治の対象は市民であって、決して議会だけが対象ではないはずです。市民の賛同を得なければ市民からの反対にあい、決して議会でも予算案が承認される筈がありません。

 

彦根市でも同じように、令和2年度も大きな事業削減が考えられますし、更には会計年度任用職員制度の導入によって固定費は確実に増加します。昨年の自治会長会議で、このことについては市長が明言しています。

 

市税の使途についての対象者は市民であるわけですから、その市民の理解なくして議会の承認だけで物事が済むのだと考えるのであれば、それは市長の政治的スタンスの間違いだと思います。

 

翻って、議員も市民の側に立って、このような予算が市民の賛同を得られるかどうかを充分に吟味して議会に臨む必要があると思います。

 

 


あちこちを調査中

1月下旬から、あちこちでの調査を開始しています。1月17日に盆梅展に行ったのも、その一環です。

 

新年度予算については、まだ、ほとんど情報が入ってきませんが、基礎的な情報を仕入れておかないと、質問の構築ができないのです。また、友人からは様々な周辺での情報を提供下さる人たちもいます。

 

また、多くのご意見や問題点について、電子メールで情報が入ったりもしています。

 

わずか30分の個人質問の中にどれだけ組み入れられるのかは疑問ですが、しっかりと市民の声を議会で伝えていきたいと思っています。

 

 

 

 


市民と野党のつどい

2月1日午後。米原公民館で「市民と野党のつどい」が開かれました。国会で大きな問題になっています「桜を見る会」の追及で頑張っている田村智子参議院議員の話と参議院議員嘉田由紀子さんの話を聞くことができました。

 

 

20200203001

 

 

嘉田さんとは13年のおつきあいですが、私が12月定例会で取り上げた養育費の問題について今後取り組んでいかれるとのことで、これからも情報交換を続けることになります。

 

 

20200203002

 

今後ともしっかりとこの問題に取り組みたいと思っています。

 

 


盆梅展

1月17日に友人と長浜盆梅展に行ってきました。3月10日までの開催です。

 

 

20200117001

 

暖冬のため、雪もなく、寒くもない中で、人混みもまばらでした。ちなみに、午後からは混むとのことです。

 

 

20200117002

 

ボランティアガイドのお話しも聞かせていただき、梅の花のけなげで可愛く、そして凜とした強さを感じました。

 

 

20200117003

 

20200117004

 

 

一つ、気になったことがありました。盆梅展の慶雲館に行くため、近くの豊公園の駐車場に車を止めました。約1時間半くらい駐車しましたが、駐車料金は0円でした(3時間までは無料)。彦根市は昨年10月から消費税増税に合わせて城内の3つの駐車場(桜場・二の丸・大手前)が1回400円からいきなり1,000円に値上げしました。私は急激すぎる値上げに反対しましたが、賛成多数で可決してしまいました。

 

 

20200117005

 

 

市民の方々はいきなりの値上げに怒り心頭に発しています。今でも抗議の声が届いています。

 

 

20200117006

 

 

20200117007

 

 

2月定例会で、いろいろな声が出てくるかも知れませんが、市民に寄り添った施策が望まれるところです。

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM