甲子園2回戦

8月14日午後1時試合開始の第99回全国高等学校野球大会2回戦に出発するための応援団の出発を見送りに行きました。初戦(8月8日)、開会式直後の1回戦で波佐見高校(長崎)に6対5で9回裏逆転サヨナラで甲子園初勝利を飾って、今日の2回戦に臨む彦根東高校野球部のため、午前7時45分に彦根駅東口まで、見送りに行きました。

 

 

20170814001

 

 

出発する応援団は全員、応援グッズを手に手に、続々と待ち受けるバスに乗り込んで行きます。

 

 

20170814101

 

 

20170814102

 

 

20170814103

 

 

20170814107

 

 

対するは、青森山田高校です。公立高校8校が出場しましたが、今日の第2試合の高岡商業(富山)以外は、本校と三本松高校(香川)だけが勝ち残ったところです。

 

 

20170814104

 

 

20170814105

 

 

野球部後援会の皆さんも、元気に乗り込まれました。波に乗って、2回戦の勝利を願っています。

 

 

20170814106

 

 


彦根東高校応援グッズ

8月14日の2回戦を前に、応援グッズが一般にも販売されました。

 

12日・13日の限定でしたが、12日だけで売り切れそうな状況でした。

 

広く市民の皆さんからの応援をいただいて、是非とも2回戦も突破してもらいたいものです。

 

 

20170803003


インドでの悲劇

インドの病院で「子供が相次ぎ死亡 2日間で30人以上」という衝撃的な記事が掲載されました。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6250226

 

わが国内でも、現実的に起こり得る事態ではないでしょうか。もちろん、我が国ではこのような状況でないにしても、医師などの地域偏在をはじめとして、医師・看護師などの超過勤務の実態などを考えると、決して他人事ではありません。

 

公立病院では、医師の偏在があり、そのことに伴って、その自治体の住民が自ら公立病院を批判する例を見ることがあります。確かに、病気や怪我は休日であろうと、夜中であろうと起こり得るものです。しかし、医師・看護師の数が充分であれば、深夜でも休日でも対応は可能でしょう。しかし、医師・看護師も生身の人間です。24時間・365日働くことは不可能ですし、そのようなことは労働法令に違反する行為です。

 

近くに病院があってこそ、緊急時の対応が可能であるわけで、そうであれば応分の市民負担は必要です。医師・看護師の方たちは、患者さんや家族の方からの「ありがとう」の言葉で激務の疲れが消えると聞きますし、お互いの信頼感があってこそ、医療というのは成り立つのではないでしょうか。

 

 


彦根ばやし総おどり

8月10日。今年から、彦根ばやし総おどりが、8月8日から引っ越して10日の開催となりました。8月8日は大津の花火大会の日で、例年彦根からもたくさん観覧に行っておられるようで、観客に戻って貰うために、変更したようです。

 

ところが、夕方から曇りがちとなりました。例年、着付けをしていただいている美容室で、市議会の浴衣の着付けをしていただきました。

 

 

 

20170810002

 

 

ところが、開会30分ほど前から、急に雨が降ってきました。そして午後7時の開始時刻になると、土砂降りに近い状況になりました。カメラマンが到着するや否や、開始15分で中止のアナウンスがされました。

 

参加した議員全員での写真を最後に、解散となりました。

 

帰ろうとした頃には小降りになりましたが、今年の総おどりは約15分で終了しました。

 

 

 


お盆の前なのに、それともお盆前だから?

国政でも様々な動きがあります。早朝、ネットのニュースで加計学園の今治市での獣医学部設置認可が先送りされたとのことです。「仕事人内閣」も本格的に始動したようです。

 

世界に目を転ずれば、アメリカと北朝鮮の一触即発とも思えるトップの発言。夏休みでグアム島への観光客が一気に減少するかも知れません。

 

さて、お盆の間にどのような展開が起きるのか、心配です。

 

彦根市でも市役所の耐震化・増築工事のため、明日からのお盆休みに仮庁舎への引っ越し作業が始まります。その前日である今夜には彦根ばやし総おどりが開催されます。私も例年ごとく参加いたします。

 

しかも、午前中には会議。午後には仮庁舎の見学と、夕方まで予定が山盛りです。

 

そんな中、長野県のある村で、議員のなり手がないからと、議会を夜間・休日に開催するという考え方を打ち出したそうです。

 

これ、議会を単なるセレモニーと考えているのではないでしょうか。もしも、「議会での議決をすれば足りる」という考えであれば、本末転倒ではないでしょうか。議案を熟読し、様々な調査をした上で議決に臨むという、議員のあるべき姿を忘れてしまっているように思います。

 

もちろん、4年に1度の選挙という洗礼を受ける必要はありますが、生活も成り立たない議員報酬であることが問題であって、「議会を通す」という部分だけを見つめている人たちがいるような気がします。首長がそう考えているのか、職員がなのかは分かりませんが、議会制民主主義を取り違えているように思います。

 

でも、今夜は総おどりで一汗かいてきます。

 

 

 

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM