市議会議員選挙グラフィティ

ようやく1週間の選挙運動が終わり、先ほど午後8時に投票が終了しました。ネットでの広報が認められたとはいえ、やはりそこには微妙なところがありますので、この時刻に記事としてアップロードいたします。

 

【3月23日】

選挙の始まりは選挙事務所の開設です。この日、事務所開きを行いました。事務所開きと言いましても、自宅内での事務所ですから、大きな変化はありません。

 

なぜ、4期目に挑戦するのか、今の彦根市の問題点が何なのかを、ひたすら賛同者に理解していただく機会と捉えています。

 

それと、選挙運動期間中に気軽に立ち寄っていただき、私の主張を聞いていただけるようにと、寛いだ場づくりを考えました。

 

事務所開きもその一環で、みんなで楽しく唄を歌いました。

 

20190323001

 

司会は、市立病院の健康講座司会でお馴染みのTさん。そして歌の方は後援会長のKさん。

 

20190323002

 

そして、最後に私から現在の彦根市の状況をお伝えし、なぜ立候補しなければならないのか、熱く語りました。

 

20190323003

 

【4月14日】

告示日はこの日。朝から事務所のスタッフが立候補の届出(午前8時30分)。仮庁舎に到着したのは「22番」との連絡。そして受付順を決める抽選では「25番」を引きました。この連絡が入ったのが午前9時04分。

 

出陣式は午前10時30分と決めていましたので、スタッフのポスター貼りは出陣式直後に出られるかと思っていましたが、七つ道具を持って帰ってきたのは午前10時45分と、出陣式終了時刻になりました。

 

20190414001

 

中沢県議にもお越しいただき、出陣式は予定どおりに開始。でも、出陣式を終えても七つ道具がなければ出発できないため、長目の出陣の弁で時間調整。

 

20190414002

 

20190414003

 

私のモットーである「志は高く 政治をあきらめない」を唱和したころに七つ道具が届いて、いよいよ7日間の選挙戦に突入しました。

 

20190414004

 

20190414005

 

そして、初日の夜に、地元自治会館で個人演説会。前夜の自治会総会(彦根市の平成31年度予算が否決されて、自治会としての事業の組み立てにも影響が考えられたため、4月13日に延期されました)に引き続いてのことでもあり、また事前運動との指摘がないように、自治会総会では個人演説会の告知をしませんでしたので、多くの参加者を集めることができませんでした。

 

20190414101

 

今回の選挙から認められた公費チラシを資料として、彦根市政の現状を説明し、その解決のためには辻真理子が議員でいなければ解決しないと、訴えました。

 

終了後、事務所スタッフと今後の個人演説会の進め方について協議をし、午後10時前にスタッフ会議を終了しました。

 

【4月16日】

15日からの街宣活動を踏まえ、16日朝から選挙事務所前で角立ちをいたしました。街宣活動は午前8時00分からですが、マイクを使わず、挨拶をすることは認められていますので、一人で角立ち。朝の通勤時間帯ですので、多くの方から手を振っていただきました。

 

20190416001

 

午後7時00分からは、中藪町南部自治会館をお借りして、2回目の個人演説会。この個人演説会には、もと市役所の幹部の方々が辻真理子の主張を聞くため、お集まりいただきました。

 

20190416101

 

20190416102

 

20190416103

 

市政の現状、特にひこにゃん問題をはじめとする予算・財政問題について、応援弁士に頼ることなく、1時間の間、みっちりと私の言葉でお伝えしました。

 

【4月17日】

3回目の個人演説会は大薮ニュータウンの自治会館です。昭和63年から平成13年まで大薮ニュータウンに居住していましたのでその頃からの知り合いや友人・知人などがお越しいただきました。

 

20190417001

 

20190417002

 

20190417003

 

【4月19日】

17日からは街頭演説を中心に、市政の課題を愚直に訴えました。

 

20190420002

 

20190420003

 

20190420004

 

何カ所もの街頭演説で、多くの皆さんの励ましや、「問題点が、よ〜く分かった」というお声をいただき、新聞でも書かれています「今回の市議選のテーマ」について、私のこれまでの行動や主張を明確にしておく必要があるわけで、自らの立ち位置を曖昧にして、従来どおりのバラ色の政策主張ではいけないという部分を明らかにいたしました。

 

最後に、会派「無所属」が裏面を共通して作りましたチラシをお示ししておきたいと思います。

 

20190421101

 

20190421102

 

今回の選挙で選ばれる議員は、これらの課題に対峙してどのようなスタンスで議会に臨むのかが問われることになります。

 

平成31年2月定例会で、わずか1票差で否決されたとは言うものの、退席した議員(議決後のインタビューで、心は「否決」と説明)を含めれば4分の3の議員が大久保市長に「No」を突きつけたわけです。しかも、大久保市長の要請によって立候補した候補(地元紙記事)があるものの、市長不信任案に対して反対・退席した7人の議員のうち、5名の議員は出馬しなかったわけです。新人議員の去就を注目する必要があります。

 

それでは、午後11時過ぎにも明らかになる開票結果を待ちたいと思います。

 

20190420001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM