政治のありかた

国会中継を見て、どれだけの国民が安倍総理の言う「適材適所」人事について、特に桜田五輪担当相の余りの酷さに驚いたことでしょう。五輪のスローガンなどを答えられずして、どうして「適材適所」と言うことができるのでしょう。

 

しかも、多くの大臣の政治資金にまつわる問題が続発するということは、いわゆる「身体検査」能力が極度に低下していることの証ではないでしょうか。

 

しかも、民放のニュース番組に至っては、「答弁になってない」という野党席からのヤジのキャプションがつけられるほど、「質問の趣旨を理解していない」のか「答えられない」のか、「質問時間が過ぎればよい」とでも考えているように思えてなりません。

 

これは、地方議会でも起こっていることと相通じます。「ごはん答弁」と言われる、「ごはんは食べたのか」と聞かれ、「(パンは食べたけど、ごはんは)食べていない」が如き答弁で「やり過ごそう」というようなやり方が広まっているのではないでしょうか。

 

また、入管法の改正に至っては、「枠組み」だけの法律として、その運用を(国会の議決を要しない)省令に委ねようとしています。

 

彦根市議会での「裏合意問題」に関する民事調停申立議案においても、具体的な中身のない提案が6月臨時議会において、いわば「調停の申立をする」ことについての議案が提出されたのと似ています。管轄裁判所がどこになるのか、精算金額の乖離がどの程度なのかも示さずに、出されたのでした。

 

そして、「透明性のある場」での話し合いとして「民事調停」を採用したという、全く「制度についての認識」が異なる説明が行われました。閉ざされた調停室での調停委員を介しての話し合いが「透明性」があると言えるのか、「短期間」で決着するから民事調停を採用したと言いながら、既に4回目の調停期日(12月19日)が組み込まれ、年内決着(調停案の議会承認)は困難な状況です。万一、12月19日に妥結点に至ったとしても、それから後に、議案説明のための資料作成・全員協議会の招集・議員の質疑作成のための時間などを考えると、年内に審議日程を組み入れることは困難ではないでしょうか。

 

それよりも精力的に相手方との協議を続けることのほうが良かったのではなかったでしょうか。もとより、自治体に互譲の趣旨での決着を是とするのかという議論もあったはずです。先を見通すことができないトップであれば、このような混乱がいつまでも続くことに繋がるのです。

 

しかし、このような正論を訴えても最後は「数の力」で物事が決まってしまいます。それを変えることができるのは、市民の判断しかありません。

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM