改憲(野党からすれば憲法改定)の議論

閣僚への批判が続く中、改憲への発言が出てくるようになりました。野党、特に立憲民主党からは「改憲」ではなく、「憲法改定」と発言していますが...。

 

さて、自民党は立党の初めから憲法改正を党是に掲げていると主張していますが、中身が伴っていません。特に、下村憲法改正推進本部長からはなぜか「安倍色、払拭」などと、残る安倍首相の任期と組閣人事の問題を考慮してか、「具体性のない抽象論」であったり、局所的に「国民は自衛隊が違憲だとは思っていない」などと、本当に自民党内でどれだけの議論がされ、纏まっているのかさえ疑問視せざるを得ない発言が出ています。

 

もちろん、国会は発議するだけではあるのですが、その行き着く先にどのような「憲法にするのか」を示さなければ、「党是」が泣くのではないでしょうか。

 

安倍政権が3年間保たないという逃げ場を作ろうとしているのかも知れません。

 

今回の入管難民法改正でも、スローガンの主張に止まり、具体的な職種も、人数的な縛りも、何も決まっていない中で議論を進めようとしているのと軌を一にしています。

 

立法能力が欠けているとしか思えません。

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM