政治家の矜持

8月8日に沖縄県知事の翁長雄志さんが亡くなりました。同じ学年でした。法政大卒とありますから、70年安保で紛争続きの時代だったと思います。

 

亡くなるまで信念を貫き、沖縄に新たな基地は要らないと、辺野古での基地新設に徹底的に反対したのでしょう。

 

さらに、俳優の津川雅彦さんが亡くなりました。日本人として、拉致問題解決を後押しする意味でポスターのモデルになり、呼びかけをされたのだと思います。最初の帰還(2004年5月・5人)からすでに14年が経過しています。あのときの官房副長官は誰だったのでしょう。その人は総理になり、「最後の一人まで」と言い続けて5年が経過しました。何の進展もありません。

 

政治を志し、市民に、そして国民に約束したことは全力を傾けて努力をしなければ、1票を投じてくれた有権者に報いることにはなりません。

 

自分の言葉で作り出した公約であれば、常に目配りと気配りをしなければならない最重要課題のはずです。もしも、選挙スタッフが作り上げてくれた公約であれば、そこまでの真剣度はないでしょう。

 

わが町の将来が危うくなっています。財政問題と同時に、「彦根市の発展に必要」だということで誘致した(はずの)国体主会場が消えていくかも知れません。目配りや気配りをし、最前線に立って市民の説得をしなければ、できる施策もできなくなってしまいます。

 

私は、市民が求めるもの、市民の利益になることをしっかりと判断して、市政を行う市長以下の職員の動きを監視し続けていく責任があると思っています。

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM