彦根城の歴史を少し調べました

市民会館解体問題に関連して、彦根城の歴史を少し調べてみました。

 

築城のことや、文化財関連のことは、あちこちに書かれていますから、そちらに興味のある方は、ご自身で興味が尽きるまで調べていただきたいと思います。私が調べたのは、余り口の端に上ったことのない話を拾い集めました。

 

彦根城の天守が今も残っていることについては、少しだけブログに書いたことがあります。http://blog.tujimariko.jp/?search=%C2%E7%B7%A8%BD%C5%BF%AE

 

そのことを、本会議で発言したときの原稿は次のとおりです。https://www.city.hikone.shiga.dbsr.jp/index.php/3030178?Template=doc-one-frame&VoiceType=onehit&DocumentID=892

 

大隈重信公が彦根にお越しになったときに、残すべき城郭であるとして明治天皇に奏上して、残ったというのです。これが、1つ目の奇跡。

 

そして、1945年8月15日に2つ目の奇跡が起きたことを知りました。

 

この日正午の終戦の詔勅によって、その日の夜に行われる予定だった彦根市の夜間爆撃が中止になったということです。

 

これら2つの奇跡が起きていなければ、今の優美な彦根城天守は残っていなかったでしょう。

 

これが、今日調べたことの1つです。

 

そして、市民会館跡地にあった武家屋敷に関連して調べてみましたら、多くの城下町で武家屋敷が残っているとされるものの多くが、いわゆる足軽屋敷・足軽長屋などの建物であって、その点は彦根も同様であるといえることです。しかも、「武家屋敷」をウィキペディアで調べてみましても、そこには「彦根」に武家屋敷(足軽屋敷を含む)が残っているというようには書かれていません。多くの足軽組屋敷が市の文化財に指定されているのもかかわらず、です。広報宣伝が足りないのか、筆者に彦根城下には武家屋敷がないものとの認識が広がっているからかも知れません。

 

それにしても、中級武士の屋敷はそれほど残っていないことも同時に明らかになりました。

 

たぶん、昭和39年当時は、今と違って文化財に対する考え方も少なく、それよりも戦後復興のためにと埋蔵文化財の調査もそこそこに済ませていたのではないかと思います。

 

そうであれば、少なくとも一団の土地の中に武家屋敷が複数棟存在したことは古図からも明らかなわけですから、文化財行政の立場からも、そして何より市長が推進している彦根城の世界遺産登録推進の立場からも、発掘調査を進めるべきではないでしょうか。

 

確かに、「市民会館建設のため」借り受けている土地ですから、地権者にお返しするのは当然です。しかし、地権者にすべてを委ねてしまうのではなく、市の方から積極的に彦根市の成り立ちに関わる調査をするべきではないでしょうか。

 

姫路市では、2017年にマンション建設現場の発掘調査で、遺構が確認されたということが発表されました。この調査は文化財保護法で定められている埋蔵文化財の調査(費用は事業者の負担ですが、開発事業に必須のプロセス)であるにしても、次に地権者が建築行為をする際には必ず必要になるものですから、市が積極的に保存を要する土地であるのかどうかについて、調査すべきではないでしょうか。

 

今では、既に建設工事で破却されているかも知れませんし、今回の解体工事によって、更に破却されることがあるかも知れません。

 

市長の「文化財」に対する考え方が試されることになるかも知れません。そして何より、全国あるいは世界中の歴史学者からの非難に耐えうるだけの理論武装がされているのでしょうか。

 

破却されてしまってからでは、取り返しがつかないことだと思います。

 

 


武家屋敷復元計画について

9月19日のしが彦根新聞に9月定例会の個人質問などの記事が掲載されました。

 

私の登壇は火曜日(15日)でしたので、先日(7日?)に発売された週刊ポストの記事についての情報が入手できていませんでしたが、その記事によれば、テレビでもお馴染みの千田嘉弘奈良大学教授が、「復元的整備」という言葉を用いて、「実物に限りなく近いもの」も歓迎すべきだと述べられています。

 

市長は、「武家屋敷を整備するには忠実に復元する必要があるが、詳細な資料が残っていないため整備は困難だ」と答弁しました。

 

一方で、現在の桜場駐車場(特別史跡内)は以前の玄宮園の一部であったことから、庭園を復元したいようです。

 

玄宮園も武家屋敷も、いずれも大名・武士の暮らしの中で日々形が変わっていたはずで、「何をもって忠実」な復元なのかは明らかではありません。

 

前にも書きましたが、市長が世界遺産登録を目指す「目的」が明らかでないことが問題なのです。

 

「世界遺産に登録することだけ」が目的だとすれば、それは違うと思います。

 

日本中に数ある城下町ですが、本当の大名家の生きてきた場を示してこそ、衆目を集めることができ、その場に立つことで自動車もインターネットもなかった時代の職住近接の暮らしを見てもらうことに繋がるのだと思います。

 

井伊直弼公が桜田門外の変で斬首されたことが城下に届いたのは数日後であったとされています。そして、その報を受けて多分武家屋敷に住んでいた家臣たちは取るものも取りあえず、大急ぎで登城したのでしょう。まさに、職住近接です。

 

江戸で起きていたことも、その後の処理方法も事情の分からないままに450km離れた彦根との情報伝達がどのようにされたのかという点も興味が湧くことでしょう。

 

歴史を知りたい人々には、そのような色々な興味の源泉が目の前に現れるとすれば、それに勝ることはないのではないでしょうか。

 

何をもって歴史に「忠実」なのか、そして文化庁の方針転換の中で、変えてもよいものと変えてはならないものとをしっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

 

 

 


天守の復元(週刊ポスト記事)

週刊ポストの記事(9月18・25日号)に、「城の復元ルール緩和で『なんちゃって天守閣』乱立の恐れ」というのが出ていました。

 

彦根城は天守が現存していて、国宝に指定され、大久保市長は世界遺産登録を目指しています。

 

文化財行政というのは、様々な制約の中、非常に難しい問題を抱えています。しかし、前にも書きましたが、特別史跡内であるにもかかわらず、鉄筋コンクリートの建物(表御殿=博物館)が建っています。「できる」方法を探したからに他なりません。

 

ところが、様々な史料がなければ再築できなかった天守が再建できるようになったそうです。

 

そこで、私が15日の個人質問で取り上げました武家屋敷の復元は、天守の復元よりもなお、ハードルが低くなったのではないでしょうか。

 

市長の答弁で、「正確な復元史料」がないと「できない」というのがありましたが、そうではなくなったという方向性です。

 

「できない」理由を取り上げるのでなく、「できる」方法を考え、どこまで復元するのかということを考える必要があると思うのです。

 

水を湛えた外濠があったのが市民会館前の状態だったわけですが、まさかそこまで復元することは現実的には無理なことですが、敷地に余裕があり、なおかつ現場の過去の状態を示す古図もあるわけですから、そのようにすることができないかと「検討する」ことも市長の大事な仕事ではないでしょうか。

 

そして、そのことが、自らが公約としている「世界遺産登録」に資するのか、あるいは駐車場に利用することがよいのか、どちらが歴史的意義があるのかを検討すべきでしょう。

 

統治機構としての大名家のありようを後世に伝えるには、どちらが大事なのでしょう。

 

そういった検討を、庁舎建築工事が始まったときから考えて、地権者との交渉の方法を練っておくべきなのではないでしょうか。

 

先を見ることはとても大事なのだと思います。

 

 

 

 

 


彦根城博物館友の会 講演会と実演、見学

11月4日。彦根城博物館友の会の事業に参加いたしました。

 

「彦根仏壇と七職」をテーマに、彦根仏壇事業協同組合の宮川孝昭理事長から、仏壇が様々な工程を経て作られていることの説明などをお聞かせ頂きました。

 

 

20191104001

 

 

20191104002

 

 

仏壇そのものの歴史的背景と、仏壇の持つ意味合いを易しく説明いただきました。

 

寛永年間(1624〜1644)に、井伊家2代藩主の直孝公の世子であった直滋の指揮で七曲がりの造成が行われ、寛永21年(1644)に町人町としての七曲がりが完成しました。

 

その後の紆余曲折を経て、昭和50(1975)年に通商産業大臣指定伝統的工芸品の指定を受け、今日に至っているとのことでした。

 

彦根仏壇は工部七職と呼ぶ、木地師、宮殿師、彫刻師、蒔絵師、錺り金具師、塗り師、金箔押師の共同作業によって作られ、最後に組み立てられて仕上がりとなるものです。その一部についても見学させていただきました。

 

 

20191104004

 

ちなみに、手に持っておられるのは一種の物差です。これで縦横奥行きなどを計って頭の中で設計するそうです。仏壇には設計図というののはないそうです。

 

 

 

 

20191104005

 

 

20191104006

 

 

彦根を代表する産業を詳しく拝聴することができ、宮川理事長のお人柄ともどもに、ほっとするひとときでした。

 

会場の長久寺近くの旧佐々木住宅の中も見学させていただきました。この建物はかつての彦根城表御殿の一部であったとされ、これを日本生命第3代社長の弘世助三郎が購入して移築したものだそうです。その一室に「千鳥庵」という扁額が掛けられています。「千鳥ヶ丘」の名前の由来の一つかも知れません。もう少し調べてみる必要があるのかも知れません。

 

 

20191104003

 

 

彦根の文化的な奥行きを感じた一日でした。

 

 


彦根城博物館

10月19日はご当地キャラクター博の初日。残念なことに午後からは雨模様。私はご当地キャラ博を尻目に博物館で開催されました講座「著作から見えてくる井伊直弼〜茶湯一会集を素材に」を聞きに行きました。

 

 

20191019004

 

20191019005

 

 

江戸時代後期の各藩の大名は、平和な世の中でもあったことから、学芸に勤しんだと聞いていますが、井伊直弼公は茶の湯の世界では一流だったとされています。その末裔であり、博物館館長でもある井伊直岳氏の奥さま、井伊裕子さんが講師でした。

 

掃除の仕方、女性へのまなざし、下駄へのこだわり、懐石の献立、楊枝を持ち帰る、雪隠の使い方に至るまでが著作「茶湯一会集」には記され、この一会集から「一期一会」という言葉ができたとされています。

 

 

20191019001

 

講演が終わり、帰ろうとしましたら、雨も本格的に降り出しました。

 

 

20191019007

 

 

20191019006

 

 

20191019008

 

 

自宅へ戻る途中で、ご当地キャラ博の主会場である中央町を見ましたが、お越しいただいた皆さまはアーケードの下に避難されていました。そういう意味ではアーケードのないキャッスルロードでなかったことは幸いしたのかも知れません。

 

今日、10月20日は晴れの予報が出ています。たくさんのもな様にお越しいただけますように。

 

 


彦根城管理改革プラン(私案)

昨日の委員会審議の中で、「どうして明確な答弁ができないのか」ということについて考えてみました。

 

端的に言えば、この改革案が部内での議論ではなかったのではないかということです。

 

どの組織でもそうですが、平社員から様々に経験を積んで徐々に職階が上がり、それぞれの部署で問題点を認識すべきなのが公務員に限らず、組織に生きる人間のあり方です。ところが、多くの自治体に多くのコンサルタントが入り込み、Aという自治体で組み立てた企画を下敷きにして、B、Cという具合に自治体名や人口などを書き換えるだけ(失礼!)で、自治体の存立に関わるまでの企画をも提示しているのではないでしょうか。一概にコンサルタントの存在を否定するのもではありませんが、コンサルタントに地域の情報を伝えるべきは幹部の仕事であり、幹部の経験と地域の実情の分析のはずです。

 

最も重視すべきは「住民の感情」であり、「地域の暮らし」ではないでしょうか。それを「知っているべき」なのは幹部のはずです。それこそが「経験」であり「知識」のはずです。

 

コンサルタントから出てきた企画書をそのまま議会に提出しているからこそ、明確な答弁ができないのではないでしょうか。

 

さて、私は今回の彦根城管理の民間委託について、次のような改革プランを組み立てました。

 

民間企業経験者など、有意の若手職員複数名を彦根城管理事務所専任にして、彼らにエージェントとの折衝や企画立案をさせるという案です。公務員には、一般企業でいうところの成功報酬(外部委託におけるインセンティブに相当。ただし、金額は考慮の余地あり。)制がありませんから、働かなくても給与が貰えるのだというようになってしまうという批判があるのは認めざるを得ません。そこから脱却することが、本来の「働き方改革」ではないでしょうか。

 

もちろん、このような案に批判がでてくるのは承知の上ですが、本気で彦根城の入城者数を増やしたいのであれば、検討する余地はあるはずです。自治体によってはそのような人員配置によって成果を上げているところはたくさんあるはずです。

 

何もせずにコンサルタントに丸投げをし、出てきた企画書を議会に提出してくるようでは、決して幹部の経験や知識が活かされているとは言えません。せめてコンサルタントへの支払金額の半分でもをそのための人件費に充当すれば、組織が活性化し、成果を導き出すのではないでしょうか。もちろん、職員の「やる気」が最大の要素ですから、そういう職員が皆無であれば無理ですが、そのような職員しかいないのであればそれは組織のトップの責任だと言わざるを得ません。

 

 

 

 


築城410年祭閉幕

国宝・彦根城が築城して410年目の今年。3月18日から「築城410年祭」が開幕し、12月10日、会期最終日を迎えました。

 

何度か着用しました「410年祭」の法被も今日でお別れです。

 

 

20171210201

 

 

さて、知事にもご出席いただき、閉幕式典は彦根城能舞台が会場です。

 

20171210103

 

 

鉄砲隊の演武や記念コンサート(井伊亮子/fl、中川佳代子/琴)もあり、市長の閉幕宣言で終了いたしました。

 

 

20171210104

 

 

会期終盤の週末は台風が襲来して、参加者の伸びも少なくて残念でした。

 

また、例年のご当地キャラ博も雨に祟られました。

 

いよいよ、11日からは12月定例会の一般質問が始まります。是非とも本会議場(工事中の本庁舎5階議場)での直接の傍聴や、インターネット中継での傍聴をお待ちしています。

 

全国各地で、議会が政治の主導をし始めています。太宰府市の市長不信任による議会解散(解散後の市議選でも不信任再可決の情勢です)や岸和田市長へも不信任案が出る模様です。

 

「不信任」は最終手段としての議会の抵抗ですが、「不信任」に至る経過に市民が賛同しているのなら、それは民主主義の結論だということができるのでしょう。最も大切なことは、「市民の市政への関心」だと思います。

 

市議会は「議会報告会」などを通じて、市民に現状を報告しています。是非とも多くの市民の皆さんに関心を寄せていただきたいと思います。

 

 

 


ブラタモリ放映

12月9日夜。私は用事があったので、自宅へ帰ってから録画を見ましたが、ブラタモリの彦根が放映されました。

 

番組HPに書かれていました「城の北側の坂道」が謎でしたが、現在の市民体育センターへの進入路のことでした。現在、内湖だった場所(松原内湖)は戦時中の食糧増産で埋め立てられたことは知っていましたが、このような取り上げ方ができるのか、と感心しました。

 

また、石垣の上に塀と櫓があったCGでの表現や天秤櫓の桝形の再現。なかなか手の込んだ画像が印象的でした。

 

更に、番組内での「鶴瓶の家族に乾杯」のポスターなど、番組間の競争?も面白い側面でした。

 

さて、いよいよ今日10日は国宝・彦根城築城410年祭の閉幕と「おんな城主・直虎」のパブリック・ビューイングです。

 

 

 

 


世界遺産の時流

最近、彦根城世界遺産登録に関する講演などが頻繁に行われます。しかし、以前にも書きましたが、「世界遺産」に対する疑問をNHKが取り上げるほど、潮流が変わってきています。

 

10月4日の「おはよう日本」で取り上げられたものです。

 

取り上げられた課題

【富岡製糸場】

1.登録初年には観光客が133万人であった(平成26年度)が、平成28年度は80万人にしかならなかった

2.施設内を改造してホテルを作ろうとしたが、ユネスコ(正確にはイコモス)から「待った」がかかった

【ウイーン】

1.複合ビル建設のための条例改正(高さ制限変更)を行った

2.このことによって、世界遺産登録抹消が取り沙汰されている

【ドレスデン】

1.住民の利便のためにエルベ川に架橋をした

2.その結果、「(世界遺産としての)普遍的な風景」が壊されたとして、世界遺産から登録抹消された

 

私は、難しい議論をしようというのではありません。

 

彦根城は、勿論、素晴らしい城で、彦根市民の多くもこよなく愛していると思います。そして、彦根城は「国宝」です。全国に5つしかない現存天守のある城です。町並みも、日常の不便さをもたらしているかも知れませんが、歴史的な価値を見つけることができるでしょう。

 

しかし、富岡の現実を見てみる必要があるのではないでしょうか。確かに、登録前からすれば、観光客数は増加(平成25年度31万人)していますが、日本人の「新しいもの」好きの影響からか、早速、翌年度から漸減していることは否定できません。しかし、市長は施設内に「ホテルを作りたい」と提案しました。そして、これについて「登録抹消」が示唆されたわけです。「普遍的価値」とは何なのか、ということではないでしょうか。

 

現実にドレスデンが登録抹消されたことからも、ユネスコの考え方は明らかです。

 

ウイーンの市民にしてもドレスデンの市民にしても、「登録抹消は仕方がない」と考えています。「世界遺産であろうとなかろうと、ウイーンはウイーンであり、ドレスデンはドレスデンである」。そして、「町の価値には何ら変わりがない」というものです。

 

「世界遺産」によってもたらされる「不便さ」というものがあるのだとすれば(これら2都市では現実になっています)、その「不便さ」を彦根市民が甘受できるのかどうかです。

 

彦根城下町の区域には本年「彦根城下町遺跡」として、様々な制約がかけられることになりました。埋蔵文化財が発見されたときには、最悪、建築工事ができなくなる可能性があります。高齢者が多く住む旧足軽屋敷地域に、福祉関連の施設や高齢者に寄り添う建物が計画されても、建設できないことが想定されます。この「万一」までをも考えなければ、富岡の例のように安易に「世界遺産登録」と叫ぶことはできないのではないでしょうか。まして、市長の公約の1丁目1番地は「福祉日本一のまちづくり」のはずです。自らの公約を実現できなくなる可能性を組み立てることの矛盾を感じないのでしょうか。

 

「甘い言葉には罠がある」とはよく言われる言葉ですが、メリット・デメリットを詳らかにしてから、議論をするべきではないでしょうか。

 

そして、「世界遺産登録」そのものが「目的化」していることに疑問を持つべきではないでしょうか。

 

 

 

 

 


ブラタモリ「彦根」放映決定

人気番組「ブラタモリ」の彦根編の放映が決定しました。

 

https://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html#gifu

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM