彦根東高校第17回卒業同窓会

8月18日。かんぽの宿・彦根で同窓会が開かれました。

 

彦根東高校では、卒業50年の年度に、現役の生徒のために寄附をする習わしがあります。そして、今年がその50年目の同窓会です。

 

学校長に対して金一封の目録をお渡しし、学校の近況をお話しいただきました。

 

その後は、2年ぶりの同窓生や50年ぶりの同窓生67人での大懇親会でした。

 

 

20180818001

 

 

私は「市民体育センター解体工事説明会」がありますので二次会には参加できませんでしたが、まだ陽も高い彦根の町に皆さんが三々五々散って行かれました。


センバツ3回戦

3月31日。センバツ3回戦です。対戦相手は5年前に敗れた花巻東です。今回は、その雪辱戦です。

 

朝、6時30分。市内各所で応援バスが観客を待っていました。

 

 

20180331001

 

 

20180331002

 

 

 

20180331003

 

 

最初の2枚は彦根駅東口。3枚目はいろは松駐車場です。

 

そして、名神高速彦根インターから、一路甲子園に向かいました。

 

 

20180331010

 

 

一方、彦根東高校には、正門を入ったところに、これまでの出場記念の石碑が5基立っています。

 

 

20180331006

 

図書館には「文武両道」を象徴するように、「Intel ISEF 2018」の世界大会日本代表としてSS部数学班が出場する横断幕も掲げられていました。

 

 

20180331007

 

 

あと、1時間余りで試合開始となります。

 

 

 

 

 

 


センバツでの初勝利

3月28日のセンバツ2回戦で、母校・彦根東高校は神奈川の慶応義塾に4対3で勝利しました。2009年の21世紀枠で56年ぶりに出場して以来、4回目のセンバツ出場で初勝利をあげました。

 

昨年夏の甲子園初勝利とともに、とても嬉しいニュースです。次戦の花巻東とは、2013年夏に惜敗した相手です。今回は是非ともリベンジしてもらいたいと思っています。


甲子園から写真が届きました

今日は、彦根東高校の2回戦です。甲子園に応援に行っている友人から、早速、写真が届きました。

 

 

20180328001

 

 

20180328002

 

 

20180328003

 

 

間もなくプレーボールです。


センバツ激励会

3月12日夕刻。仮庁舎の入るアルプラザ彦根で、彦根東高校と近江高校のセンバツ激励会が開かれました。

 

今回のセンバツには、この2校の他に、21世紀枠で膳所高校も出場し、県内から合計3校が出場します。かつては、京滋大会や福滋大会に勝利しなければ甲子園に行けない時代もありました。それを考えれば、隔世の感がします。

 

私が議員になって11年の間に、合計3大会(平成21年春21世紀枠・平成25年夏・平成29年夏初勝利)4試合に出場しました。そしてこの大会は夏・春の連続出場となる快挙です。

 

後輩たちの活躍を祈って、予算常任委員会傍聴後、激励会に参加いたしました。

 

 

20180312001

 

 

2018032002

 

 

20180312003

 

 

 

 


祝 甲子園

1月26日の第90回センバツ高校野球大会選考委員会で、彦根東高校の出場が決まりました。これで、春夏あわせて6回目の出場になります。

 

秋の滋賀県大会で3位となり、近畿大会では兵庫県1位の明石商業を破りました。準々決勝では残念ながら同じ彦根市の近江高校に3対4で惜敗しましたが、2年連続での甲子園出場(夏・春連続)となりました。

 

当然に、近江高校(準決勝敗退)も出場で、同じ町からの2校同時出場となります。

 

しかも、21世紀枠で膳所高校も出場と、県内から3校出場の快挙です。

 

各校の健闘を祈ります。


IGT例会

3ヶ月に1度のIGT例会が12月8日に開かれました。今回の講師はH君で、これまで3回の転職をされているとのことでした。

 

和装関係、有名外車販売関係を経て、現在は健康食品関係で現役を続けておられます。

 

 

20171208001

 

 

世の中に健康食品が溢れている中、製薬会社がこぞって参入しているのは、今回の薬価引き下げでも分かるように、自社で価格を決められるということから、その流れにシフトしているとのことでした。

 

H君が販売しているのはココナッツ・オイルの製品で、東南アジアのある地域では高齢になっても認知症になる人が少ないのは、普段からココナッツ・オイルを摂取しているからだということだそうです。それをサプリメントにして認知症予防という点で効果があるので、今は頑張っているとのことです。

 

そして、講演の後は食事会です。

 

 

20171208002

 

 

この写真は参加者の半分しか写っていませんが、総勢12名。最も遠いのは兵庫県明石市から、北は長浜まで、元気な顔を見ることができました。

 

次回は3月になるでしょう。楽しみに待っています。

 

 


金亀会彦根・湖東・湖北支部 秋の集い

11月11日。いろは松前の彦根キャッスルリゾート&スパを会場に、彦根東高校のOB会である金亀会の彦根・湖東・湖北支部の秋の集いが開催されました。

 

 

20171111001

 

 

司会は恒例により、事務局長の担当で、木村君が担当。実はわが町の自治会長です。そして、先日のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」にも出演していました。

 

大塚支部長の挨拶のあと、今夏の甲子園での初勝利に導いた村中監督と事務局長の対談です。

 

 

20171111003

 

 

20171111004

 

 

甲子園での裏話を事務局長が上手に引き出して下さいました。

 

 

20171111005

 

 

花房先輩からお礼の花束が贈呈され、森田学校長の挨拶のあと、細江金亀会会長の発声で、乾杯。懇親の輪が広がりました。

 

 

20171111006

 

 

20171111007

 

 

先輩である獅山議員や、先日の総選挙で残念ながら落選された田島一成後輩も参加されました。

 

 

20171111008

 

 

懇親の輪が広まったところで、残念ながらお開き。

 

 

20171111009

 

 

校歌斉唱と、センバツ出場を願って、エールと応援歌でお開きとなりました。

 

 

20171111010

 

 

閉会の挨拶は上田副支部長が務めていただきました。

 

 

20171111011

 

 

最年長は84歳を筆頭に、最年少は38歳まで、世代を超えての楽しいひとときでした。

 

 


宇治への小旅行

3ヶ月に一度開催されています勉強会「IGT」ですが、今日は9月に引き続きの開催で、小旅行です。IGTは彦根東高校の同級生の有志で作っている会で勉強会と親睦を深める会でもあります。年に4回集まっていますが、そのうちの1回は日帰り修学旅行です。好天に恵まれ、「秋の小さな宇治の名所めぐり」を楽しみました。

 

JR宇治の駅前には茶壺の郵便ポスト。

 

 

20171109001

 

 

そこから、まずは世界文化遺産の平等院へ。宇治のまち中を歩いていると、お茶のよい香りが漂ってきます。

 

 

20171109005

 

 

これまでの人生で、僅か高校3年間を共に過ごした同級生との旅行。何故か集まっただけで楽しめるのは不思議です。今回は17名の参加でした。多過ぎもせず、少なすぎもせず、ボランティアガイドの方を2人お願いし、2班に分かれて案内をしていただきました。

 

 

20171109006

 

 

平等院の優美な建築にうっとり。屋根の両端にある鳳凰の飾り物は、右が鳳、左が凰だとか。空想の鳥ですが、美しく輝いていました。

 

 

 

20171109007

 

 

20171109004

 

 

宇治は、滋賀県から言えば、瀬田川が宇治川に名前を変えた下流に位置します。そして気候が似ているのでしょうか、滋賀県最南端の信楽と並んで宇治茶の産地です。

 

その宇治川に架かる朝霧橋を渡って、宇治上神社へ。

 

 

20171109010

 

 

20171109008

 

 

塔ノ島には十三重の塔があります。氾濫が多かった宇治川を鎮めるために建立されたそうです。

 

 

20171109009

 

 

宇治在住の同級生が抹茶料理のお食事処を予約してくれて、その他、色々なことも段取りして下さいました。

 

 

20171109101

 

 

 

20171109012

 

 

午後は宇治川を挟んで平等院と反対側の世界一小さな世界遺産・宇治上神社を見学。その後、源氏物語ミュージアムへ。

 

 

20171109018

 

 

20171109017

 

 

20171109015

 

 

館内は、映像で源氏物語を知ることができるようになっていて、1200年前の雅な世界へと誘ってくれます。

 

秋の一日を友人たちと歩き、食べ、見ることができた、楽しい一日でした。

 

 

 

 

 

 


IGT例会

8月26日。IGTの第17回例会が開かれました。

 

今回は某カーディーラーの前社長のI君が講師でした。自動運転車と電気自動車の将来について話していただきました。高齢者の運転事故の問題の解決(交通弱者:昔は自動車事故での自動車と歩行者という関係で言われていましたが、交通機関を利用できない立場としての高齢者などを指すことになると感じました)での一助となるところまで来ているそうです。ご自身の90歳のお父様(義父)も現在可能な自動運転車での運転をされているそうですが、現在のところ無事に運転されているとのことです。ただし、認知症が発症した場合には難しくなるとは思います。

 

また、電気自動車はかなりの速度で開発が進んでいて、環境への負荷という点で、問題は解決するとのことでした。発電のための化石燃料・原子力発電という課題解決が、別の視点からは必要でしょうが...。

 

今回、写真の撮影を忘れてしまいましたが、甲子園の余韻の残る楽しいひとときを過ごすことができました。

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM