市立病院でのボランティアのお手伝い

私の友人が市立病院の入院患者さんへのボランティアに行くとのことで、そのお手伝いに出掛けました。

 

帰りに前庭を見ましたら、私の好きな紫色のあじさいが満開でした。

 

 

20180627001

 

 

20180627004

 

 

20180627002

 

 

友人のボランティアは、ギターの演奏です。病室では大声を出すことができませんが、この時間の4階デイルームでは可能です。

 

入院生活での、ほんの僅かな時間でも、気分が元に戻れますように。

 

 

さて、明日(28日)は、6月臨時会が開かれます。明日の審議は、庁舎耐震化工事の契約解除と出来高精算を「調停申立」することの可否を問うものです。

 

議案書には「透明性の確保」という文言が入っていますが、調停とは「裁判所の調停室を借りて行う」話し合いに過ぎません。基本的に調停委員は妥当であるのかどうかを積極的に判断することは少ないと思います。家事調停の養育費などのように常識的な数字が公開されている場合ではないわけで、工事がどれだけ完成したのかというのはプロでないと判断できないはずです。

 

しかも、来年秋に予定されている消費税増税を考えるなら、来年3月に残工事に着手していなければなりません。すると、残工事の工事請負契約の締結は年内に済ませなければならないはずです。そこから逆算して、この調停に使える時間は僅かしかありません。私は、契約解除ができていない状況での残工事の新規契約は問題ありだと考えています。

 

すると、後ろが決められているならば、妥協しなければならないのは彦根市側ということになります。妥協するということは、相手の要求を呑むことになるでしょう。

 

また、余りにも早く決着が付くというのも不自然な感じがします。

 

だから、「調停」という法制度を利用した「官製談合」ではないかと批判されるのです。

 

おまけに、その出来高を払うのは市民の納めた税金なのです。そのことを、どのように考えているのでしょう。市長の考えていること、顧問弁護士の考えていることは、到底理解できません。

 

明日、どのような判断を議会がするのか、注目いただきたいと思います。

 

 

 

 


病院ふれあいまつり

6月2日。第9回目の彦根市立病院ふれあいまつりが開かれました。午前10時30分開会ですが、10時に到着しましたところ、整理券の行列がとても長くなっていました。

 

 

20180602006

 

 

 

開会の金子院長の挨拶があり、「市立病院は皆さんのそばでしっかりと医療を担います」と宣言されました。

 

 

20180602004

 

 

市民健康サポオーターズ倶楽部のメンバーであるTさんと綿貫先生とのスリーショット。彼女はパティオのプログラムで司会をします。

 

 

20180602002

 

 

 

市民健康サポーターズ倶楽部の海水魚の水槽でも、さかなたちが元気に泳いでいました。

 

 

20180602003

 

 

日村副院長の挨拶に続いて、「古城」の皆さんの演武。

 

 

20180602005

 

 

私は、院内見学ツアーに参加し、風が穏やかだったこともあって、屋上ヘリポートも見学できました。素晴らしい眺望でした。彦根市のすべてが360度のパノラマで見られます。この日いち日だけの、それも好天の院内ツアーの特典です。

 

 

20180602009

 

20180602010

 

20180602011

 

20180602012

 

 

パティオでは、「Re:」のお二人のミニコンサートがあったり、ひこにゃんが登場したりの1日でした。

 

 

20180602008

 

 

20180602014

 

 

また滋賀医科大学から「カレッジ・リレー」のPRに来られたりと、医療に触れる1日でした。

 

 

20180602007

 


市立病院に子ヒツジ

5月12日の地元紙に、先日到着したヒツジの子どもが産まれたとの記事が掲載されました。

 

毎年、冬の間は県立技術振興センターに戻っているヒツジですが、病院ふれあいまつりのために戻ってきますが、その中の1匹が出産したというので、早速に見に行きました。

 

 

20180513101

 

 

20180513102

 

 

手違いで、雌のヒツジが1匹紛れて市立病院に届けられたとのことで、市立病院到着直後に出産したということです。

 

 

20180513103

 

 

20180513104

 

 

20180513105

 

 

このヒツジの母親が6月2日の病院ふれあいまつりの毛刈りショーに登場します。

 

 

20180513106

 

 

いつもお世話いただいている健康サポーターズ倶楽部のIさんが、今朝もお世話いただいています。

 

 

20180513107

 

 

まだまだ小さいので、見学される際には、フラッシュをたかずに撮影して下さい。

 

 

20180513108

 

 

また、6月2日のふれあいまつりでもご覧いただけると思います。

 

優しく見守ってあげて下さい。

 

 

 

 

 

 


第8回病院ふれあいまつり

5月27日。快晴の空のもと、第8回病院ふれあいまつりが開催されました。

 

まずは、ヒツジの小屋へごあいさつ。

 

 

20170527001

 

 

御簾の下で休んでいました。ふと振り返ると黄色い大きな何者か。

 

 

20170527002

 

 

10時30分開会なのに、整理券の必要な院内見学ツアーなどに行列ができていました。

 

 

20170527003

 

 

そして、ひこにゃんのステッカーの付いた市立病院のDMATの救急車の展示してあります。

 

 

20170527008

 

 

院内に入ると、こんな表示が。

 

 

20170527006

 

 

頭に「地域連携センター」とありますとおり、市立病院の医療関係者だけではなく、市内の医師の方たちの写真も展示されていました。

 

 

20170527004

 

 

20170527005

 

 

地域の医療を守るのは、病院だけではありません。開業医の皆さんや介護スタッフの方たちとも連携しなければ達成できるものではありません。

 

病院にいる間、市立病院に関心の高い同僚議員ともお会いできました。

 

 

20170527007

 

 

院内には、滋賀医科大学の学生諸君も参加していました。「リレー・フォー・ライフ」の告知をされていました。10月8日(日)〜9日(月)に行われます。ガン患者の皆さんの支援とガン征圧のためのイベントです。全国50ヶ所で行われますが、滋賀医大では学生が中心となって取り組んでいる唯一のものだそうです。http://relayforlife.jp/shigaidai/

 

 

20170527009

 

 

最初の黄色い大きなものは、ボールプールでした。子どもたちが大喜びで遊んでいました。

 

他にも色々なイベントなどが行われましたが楽しい一日を病院で過ごしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヒツジ舎

地元紙の記事で、市立病院のヒツジの小屋が新しくなったというので、見に行きました。

 

 

20170507001

 

 

今月27日(土)の病院ふれあいまつりで、今年も頑張ってくれそうです。

 

 

20170507003

 

 

ヒツジが毎日草を食んでいる場所はきれいに草刈りできていま。

 

このヒツジは、患者さんのセラピーにも効果があり、子どもたちも見に来てくれています。

 

 

20170507002

 

 

お近くを通られたときには、是非とも見てあげて下さい。

 

 

 


第7回彦根市立病院ふれあいまつり

5月28日。彦根市立病院は健康な人たちで溢れかえりました(以前にも書いた気がします)。

この「ふれあいまつり」は、年を経るごとに大きくなり、特に院内見学ツアーや手術体験など、ふだん見ることができない場所や体験などに人気が集中します。



20160528101



今年は特に、最新鋭の手術支援ロボット「ダヴィンチ」の出品をしていただくことができました。


20160528007


20160528002


20160528202


この機械は、現在では滋賀医科大学と大津市民病院だけにしかない機械で、これからの医療になくてはならなくなるものと思います。7年前に彦根市議会で「マルチスライスCT64列」の導入を求めて議会で発言したことを思い出します。そして、「マルチスライスCT」も今や320列の時代に突入しました。確かに、これらの機器を導入して病院の収益の改善につながるのかと問われれば、現在では「Yes」ということはできませんが、適切な診断や治療のために必要不可欠だと言うことができます。国立大学付属病院で腹腔鏡手術後の死亡例が多いと報道されたりしていますが、手術の熟練度とは別に周辺機器に委ねられることは委ね、診断のための時間や研修に医師が時間を割ければ、と思います。


今年の開会の挨拶は日村副院長がされました。



20160528001


そしておなじみの舞宇夢のみなさんのよさこいソーランで開幕です。


20160528103


20160528201


挨拶を終えた日村副院長の周りには取材陣が取り巻き、第7回目でさらに大きくなっている規模と参加者について聞いていたようです。


20160528012


中庭にはいろいろな屋台が出ていました。


20160528005


20160528006


20160528013


もちろん玄関前にも屋台が出ていました。中でも、豊郷町の「とよ坊かぼっちゃん」を使った商品の屋台では、かわいいカボチャの現物とともに、プリンが並べられていました。また、救急の最前線で活躍するDMAT(高規格救急車)も展示されていました。


20160528011


20160528009


さて、午後には中庭にひこにゃんが登場です。子どもたちと交流をしていましたが、彦根市民で滋賀医科大学に入院しなければならない患者さんを勇気づけるために、派遣を検討する時期になったのではないでしょうか。子どもたちだけでなく、かつて研修医の人たちにも大変に歓迎されたことがあったのですから...。


20160528015


そして、今回、上野賢一郎・田島一成両衆議院議員と、循環器科部長の綿貫医師の鼎談が実現しました。少し堅い話ではありましたが、市民に病院の実態を知ってもらう機会と捉えれば、大きな意味があったと思います。


20160528016



地方交付税交付金の医療への支出についてや、先進国の中で唯一、病院へのフリー・アクセスができる日本の国体の話にも及びました。上野議員からは米原市が中学生までの医療費無償化を行った途端に市立長浜病院の患者数が増加した例をあげ、医療のあり方を考えることができました。

最後に、彦根市立病院の救急車受入率の問題が出ました。全国1位の99%です。このことは本当に市民として誇るべきことで、その実績を支えている医師・看護師の皆さんに感謝しなければならないと思います。

そして、質問の時間がありましたので、近く引き上げが予定されている消費税について、要望をしておきました。5%から8%に引き上げられた際、診療報酬は改定されませんでした。その結果、全国の病院が軒並み赤字に転落しました。医療用の医療機器や薬剤にはすべて消費税が課税されています。しかし、ジェネリック医薬品を推奨しているとはいうものの、決して薬価の差益は大きいものではありません。しかも、1996年以降、診療報酬の薬価部分はずっと下げられ続けているのです。診療報酬を決めている中医協は2年に1度改定するのですが、このような臨時的なタイミングでの税率引き上げにおいては、そのことに対処する必要があったのではないでしょうか。そして、再度、10%に引き上げられるのです。今年の4月からの診療報酬改定でも薬価部分は1.33%の引き下げでした。そして、来年4月からは消費税率の引き上げが目論まれている(流動的ですが...)のです。つまり、結果として病院は1年間、消費税の増加分を自己負担(病院負担)せよということになるのです。このことに配慮するように、要望いたしました。



20160528010


20160528017


20160528018


いつも来院者を温かく迎えてくれているヒツジたちも、衣替えです。毛刈りショーが玄関前で行われ、子どもたちの歓声が響いていました。

病院に、多くの市民の方々にお越しいただき、万が一の時に、少し見方を変えて、来院されることを願っています。











 

第20回健康講座

彦根市立病院の健康講座(主催:彦根市立病院・彦根市民健康サポーターズ倶楽部)が3月5日に開かれました。議会開会中のため、報告が遅くなりました。

今回は、4月から診察・治療が始まります「産婦人科」の主任部長・土岐俊彦先生と、8年間院内助産所で頑張ってこられました助産師の宮本広子さんのお話しでした。


20160305003



司会はいつものとおり、彦根市民健康サポーターズ倶楽部の辻川さん。


20160305001



金子院長の挨拶のあと、早速に健康弁当が出ました。


20160305004



20160305005



今日のメニューは「めざせマイナス5歳 お肌つやつや弁当」です。

美味しいお弁当を食べながら、音楽の時間。Re:のお二人の演奏にしばしの間、うっとり。


20160305006



20160305007



善利さんの歌声にうっとり。卒業写真、春よ来い、早春賦、なごり雪、北国の春、と春にちなんだ歌が続きました。私たちも春の訪れを感じながら、心地よい時間を過ごしました。そして、市立病院の産婦人科にも春が...。


20160305008


宮本助産師さんは、医師による分娩が休止した平成19年から約9年間、4人の助産師さんが力を合わせて院内助産所を開設され、助産師さんだけでお産を担って下さいました。院内助産所では年間20〜40人の出産となりましたが、出産を経験したお母さんたちは、満足のいく出産だったと、宮本さんたちへの感謝と信頼を寄せておられます。

院内助産所では、分娩台ではなく、畳の上でのお産が主流ですが、中には夫にしがみついて出産したお母さんもおられたとか。時代の変化を感じ取ってしまいました。

市立病院産婦人科は今後もぬくもりのあるお産を目指し、笑顔でお産をしていただきたいとのことでした。

今後は年齢制限なし、合併症のある方もOK、帝王切開OK、双胎妊娠OK(一部不可能)と、条件はほとんどなくなります。4月から分娩をお受けしますので、どうぞ市立病院産婦人科へお申し込み下さい。

8年間眠っていた分娩台は新しくなりました。幅の広い、クッションのよい分娩台が準備されました。また、立体的(3D)プラス時間の経過(4D)の胎児超音波装置も設置されました。

今後の方針としては、小児科との合同カンファレンス、必要のない医療は介入しない(母子の安全のために必要ない医療介入はある)、順調なお産は助産師が担う(医師の立会を希望する場合は立ち会う)、生む人の希望に合わせる(お産の部屋は3室あり、家にいる延長として畳の上でのお産も可)常に助産師が寄り添い、家族の見守りも可、母子同室、お母さんに合った母乳。

このように宮本さんはじめ、助産師さんと新しく赴任された土岐先生、高原先生との協力により、「ぬくもりのあるお産」「笑顔でお産」をモットーに先ずは平成28年度は150〜200人の出産を取り扱うことになります。

8年間、院内助産所を続けていて下さったお陰で、比較的スムーズに分娩が再開されることになります。

市民の皆さま、どうかご安心下さい。今後は市立病院と神野先生との連携により、市内と湖東医療圏の妊婦さんの安心なしゅっさなあを目指して参ります。


20160305009



その後、「土岐利彦の 安心して下さい 専門医ですよ おなかを切らない婦人科の手術」というお話しがありました。

土岐先生は、子宮筋腫の腹腔鏡による手術により、患者さんの負担が少なくなることの説明がありました。女性の子宮ガンは20〜30歳代に集中しており、若い女性ほど検診が必要ということですので、なんとか若い女性に検診を受けていただく工夫が必要だと改めて感じました。

今後は先生とお話しをさせていただき、市内の女性特有の病気について勉強して参りたいと思いました。

土岐先生、高原先生。彦根市立病院に来ていただき、本当に有り難うございました。

彦根に来てよかったと思っていただけるよう、見守って参りたいと思っています。

そして、健康体操の後には、健康サポーターズ倶楽部を主宰されている綿貫先生(循環器科)のお話しがあって、約3時間の講座は終了いたしました。


20160305010



20160305011



ようやく4月から、市立病院の中に元気な赤ちゃんの泣き声が聞こえることになります。「まちの活力は赤ちゃんから」だと思います。

9年間、議員を務めてきた中で、「最も嬉しい時だった」と思い出すことになるでしょう。この達成感をバネにして、今後も医療を中心に、よりよい市民生活のため頑張ります。


 

こもれ陽のガーデン開園

11月7日。彦根市立病院に「こもれ陽のガーデン」がオープンしました。

市立病院の玄関左側に鎮座する金の亀の奥に、それはあります。

午前10時からの開所式には日村副院長・谷澤事務局次長も参加されました。


20151107101


このブログでもお馴染みの綿貫医師(循環器科主任部長)の進行で開園式が始まりました。


20151107002


テープカットは、日村副院長・谷澤事務局次長・堀川健康サポーターズ倶楽部代表・綿貫医師の4人で、今井健康サポーターズ倶楽部会計の司会で行われました。


20151107004


日村副院長の挨拶の後、関係者がちょっとしたティーパーティ。


20151107007


大きなソテツも、人が集まってくれると嬉しいな、とでも言いたそうでした。


20151107006


20151107005


健康サポーターズ倶楽部は、ヒツジの世話、花の手入れなどを継続して続けていますし、健康講座のお手伝いもしています。

また、ラ・フルールの会は職員の有志でつくられている団体で、主に花の手入れやハーブの栽培などをされています。


20151107008


この日は特別にヒツジも前庭へ。アニマルセラピーに活躍しています。あちこちで除草のお手伝いにヒツジやヤギがとりいれられていますが、市立病院のヒツジには両方の使命が課せられています。

先日のニュースで、アニマルセラピーについて報道されていました。介護施設での看取りの話題で、最期を迎えた入所者が、深く沈んでいくのを、その方が好きだった猫をアニマルショップから借りてきて、同居させたところ、心穏やかに最期を迎えられたとのことでした。


20151107201


入院患者の皆さん、お見舞いの皆さん、そして外来に来られる皆さん。天気がよくて、気分が乗れば、この「こもれ陽のガーデン」でおくつろぎ下さい。

また、職員の皆さんも、医局でお昼ご飯をかけこむのではなく、ここで気分転換を図りながら、召し上がってみてはいかがでしょう。

ちなみに、白いテーブルと椅子は市民の方の手づくりです。





 

産婦人科医、来たる

本日午前11時からの市長記者会見で、彦根市立病院金子院長とともに、12月1日に2名の産科医が彦根市立病院に赴任されることが公表されました。

私が8年前に市議会議員に立候補したのは「次の世代の人達が安心して出産できる彦根市にしたい」でした。その願いがようやく実ることになるのです。

しかし、8年もかかりました。この8年間、民間産科診療所の充実への施策や、院内助産所での分娩など、周辺環境を整えることから、医師の赴任へ繋がったのだと思います。

全国的な医師不足、とりわけ産科医不足は深刻です。そんな中、漸く産科医2名を確保することができた背景には、滋賀医科大学産婦人科学講座の村上節教授のご紹介と、滋賀県のご努力があったからに他なりません。

この間、私は議会で幾度となく質問し、知事へも直訴するなど、この問題解決に心血を注いでまいりました。ようやく実現することとなった医師による分娩再開を心から喜びたいと思います。

そして、しっかりと見守っていきたいと考えています。


kokoro
 

健康サポーターズ倶楽部

先日、お見舞いに行った時に手に取った「かがやき通信」に、次のチラシが折り込まれていました。


20150818001

20150818002

病院職員と市民有志が組織しているのが彦根健康サポーターズ倶楽部で、その活動紹介がしてありました。

最近は私もご無沙汰していますが、以前には花いっぱい運動に参加していました。

他にも、健康講座の開催やヒツジの管理などをされています。

この活動が広まり、「市民の病院」意識が高まれば素晴らしいと思います。


 


search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM