地蔵盆

関西の夏休みの終わりの行事、地蔵盆が8月19日に行われました。

 

かつては子ども会が主催していましたが、子どもたちが減少し、数年前から自治会主催行事になりました。会館敷地内の地蔵堂から、会館内に地蔵尊2体を移し、町内のお寺の老僧の読経で地蔵盆が始まりました。

 

 

20170819001

 

 

日程的にお盆から近い日程ということもあり、町内の人の集まりも少なく、いささか寂しいものになりました。でも、そんな中、数少ない中学生の協力もあり、町内全体での行事という感がいたしました。

 

午後からは元自治会長が「千鳥ヶ丘自治会の危機対応」という題で講演が行われました。

 

 

20170819003

 

 

近年の水害は全国的に著しく、「50年に1度」という大雨が頻発しています。当自治会の標高は中心部が低い「すり鉢」型の地形をしていて、大雨ともなれば、中心部が浸水する可能性が高いと言うことを数字で示されました。

 

 

20170819004

 

 

街区基準点の「Z座標」を地図に落とし込んだ資料も配付され、数字で実感してもらいました。そして、彦根市の防災メールや、万一、床上浸水をしたときの電気のブレーカーの作動についても社宅のある関西電力の社員さんから説明があって、結果として2階以上に避難すること、そして情報を得るためにはスマートフォンの活用が最も有効であることが伝えられました。

 

なにしろ、高齢者率が非常に高い地域ですから、いかに自分で身を守るか、そのためにできる準備が何なのかを知ることが大事であると強調されました。

 

また、「災害時連絡における支援度数一覧表」の「案」も示されましたが、住民の協力と個人情報保護との関連、更には情報の更新に課題があることなどから、この構想の実現に至っていないことも説明されました。しかし、各自治会ごとにこのような行動が求められているのは事実であると思います。

 

夕食は危機管理室から提供いただいた「アルファ米」の使用体験をしてもらい、最後にミニ花火を行って、地蔵盆は終了しました。

 

 

20170819002

 

 

自治会長が持ち回りであることも難しい課題です。地域によっては事務局職員を置いてあるところもありますが、人件費負担との兼ね合いで難しいところが多いのが実情で、1年間を個人的な奉仕精神だけで引き継いでいくことの困難さが表面化してきたようにも思います。

 

これからの地域の課題として、自治会員の経済的負担と帰属意識のせめぎ合いが続きそうです。

 

 

 


彦根東高校音楽部同窓会

7月に音楽部のOB会の案内が届きました。

 

実は、高校当時、音楽部に所属していたからです。近畿大会で準優勝をもらったり、それなりに活発な活動をしていたクラブでした。しかし、当時の顧問の先生が退職された後なのか、いつの間にか廃部になっています。

 

この音楽部のOB会は2007年に開かれ、県の合唱祭に飛び入り参加したのです。そして、10年が経ちました。

 

当然のごとく、アカペラでの合唱三昧のひとときでした。

 

 

20170812002

 

 

ホテルのウエイターやウエイトレスの方から、「練習をしてこられたのですか」と聞かれましたが、ぶっつけ本番でした。昔取った杵柄ではありませんが、自然とハーモニーが揃い、学年は違っても、同じ課題曲を歌い続けてきたからか、ぴったりと揃っていました。

 

そのあと、20人ほどでカラオケに移動しての二次会にも参加して、楽しい時間を過ごすことができました。中には、当日頒布された甲子園の応援グッズを手にした先輩もおられました。今日の甲子園へ応援に行かれたと聞きました。

 

残念ながら野球のほうは3回戦に進めませんでしたが、懐かしい校舎と音楽部時代の思い出、そして現役当時には叶わなかった甲子園での校歌斉唱という素晴らしい経験をされたことだと思います。

 

お世話いただいた幹事の皆さん。有り難うございました。

 

 

 


恋々たる思い

「(事務次官の地位に)恋々としがみついていた」という発言が5月25日の官房長官記者会見で飛び出したことをご記憶の方は多いでしょう。あれから2ヶ月半。記憶も記録もない政府高官が、「政権維持」に恋々としているのではないかと思わざるを得ない状況です。

 

総理は「丁寧な説明を心がける」と発言しましたが、この発言直後は中身には乏しいものの「丁寧」には説明いたしました。辞書によるまでもなく、「丁寧」とは「細かいところまで気を配ること。注意深く入念にすること」であり、「言動が礼儀正しく、配慮が行き届いていること」とあるとおりで、本来「入念」に行うことが本来です。しかし、「入念」が国民の疑念解消という立場に立つのか、自分たちの立場にたつのかによって、中身が変わってきます。「念を入れる」のですから、「詳しく」と考えることが当然だと思うのですが、保身側に立てば、「くどくどと理屈を繰り返し問題の本質に立ち入らない」ことが「丁寧」なのかも知れません。

 

内閣改造を行い、「無難」な人物配置をしたことで、内閣支持率が反転することを政府は期待したのでしょうが、そこまでの効果はなかったからか、官房長官の記者会見を「政府発表」の場だとして「記者からの質問には答えない」状況になっているようです。これが「丁寧な説明」なのでしょうか。

 

閉会中審査が行われても、当事者は出てこない。委員会が出席者を決めることだ、と「丁寧な」説明が行える状況を作り出そうという発想はないようです。野党議員の調査能力が欠けています。もちろん情報公開請求で、どれだけの「情報」が公開されるのかが不透明な中、政府・官僚が一体となって「レームダック」状態に近づいてきた政権の維持に腐心しているようにしか見えません。

 

この際、膿を出し切らなければ、国民の暴動が起きかねない状況です。常に霞ヶ関が永田町の顔色を窺うことでしか自らの保身ができなくなった人事制度の問題点の帰結ではないでしょうか。結局は、霞ヶ関は本当に国民のことを考えているのか、と言うことです。

 

 


閣僚の発言

常日頃思っていることですが、自身のことにせよ、与党議員にことにせよ、「法令違反に該当しない」などと記者会見などで発言することがあります。

 

「法令違反」であるかどうかを判断するのは閣僚や議員本人ではなく、検察が判断した上で法令違反の疑いがあれば、最終的に裁判所がシロクロつけることになるはずです。

 

閣僚や議員は、法令違反ではないと「勝手に判断」しているだけで、そうであるからこそその行為をしたはずです。それとも、疑念を抱きながらも、行っているのかも知れません。

 

そうであるなら、野党議員も告発するなどの行動を取らなければならないのでしょうが、いつも中途半端に終わっています。

 

でも、それを一般市民や報道に任せてしまっているのは、どうなんでしょう。


甲子園2回戦

8月14日。多くの彦根市民・彦根東高校関係者が大挙して応援にかけつけた甲子園2回戦が終了しました。青森山田高校との試合でしたが、最後に彦根東の意地を見せましたが、2対6で敗れました。

 

 

20170814201

 

 

しかし、念願の1勝をあげて、「甲子園での1勝」という目標は果たせたと思います。

 

遠路応援に行かれた皆さま、そしてテレビの前で応援していただいた皆さまに感謝です。これがスポーツの産業化の一形態かと感じた次第です。

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM